カードローンの利息の計算

カードローンには、必ず利息があります。この利息を計算しながら、借入をするのが賢い使い方です。手軽にお金を借りることができるので、ついカードローンに頼ってしまう人もいます。少額の融資なら利息はそれほど高くなりませんが、たくさん借りてしまうと、利息も上がってしまうので注意しましょう。

 

カードローンにつく利息はパーセントで表します。このパーセントは借入した総額に対するものです。例えば利息が15%の会社だったら、10万円借りた場合には、1年間に15000円の利息がつくことになります。これは1年間利息の支払いをしなかった場合の計算で、実際の利息はもっと低くなります。

 

カードローンの利息は、会社によって違いがあります。高いところでは18%のところがあり、低いところでは5%前後のところがあります。少額の借入で、すぐ返済できる見込みがあったら、利息が少し高くても返済はそれほど難しくないかもしれません。

 

しかしやや多めの借入をした場合には、利息が高いところだったら、返済に苦労する可能性もあります。カードローンを申し込む場合には、利息をきちんと計算して、返済できる見込みがあるか考えてから、申し込むようにしましょう。

 

カードローンの会社のホームページには返済シミュレーションと呼ばれるページがあります。ここに借入金額や希望の返済方法を入力したら、支払いの総額や支払回数などを計算することができます。カードローンを申し込む前に返済シミュレーションで、実際の返済の具体的な数字を計算してみるのがお勧めです。