カードローンの踏み倒し

カードローンは、カードローンの会社から融資を受けることです。別の言葉で言えば、お金を借りることです。借りたお金はきちんと返済しなければなりません。どうしても必要な時だけ借りて、計画的に返済していれば、返済するお金はそれほど負担にはならないでしょう。

 

しかし安易にお金を借りたり、複数の会社から借り続けると、ローンの返済が難しくなることがあります。それ以外のケースでも、病気になって働けなくなったり、失業したら、ローンの返済ができなくなる可能性があります。

 

そういう時には、ローンの踏み倒しを考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、踏み倒しは、やはりやめたほうが良いです。ローンの返済が指定日にできなかったら、まず借りた会社から、催促の手紙が送られてきます。

 

その手紙に書かれた指定の日に振り込めば、問題はないのですが(延滞損害金を払わなければなりません)、それでも払わなかったら、ローン会社の人が、直接に家に来るようになります。つまり借金の取り立てに来るわけです。

 

強引な取り立てはしないのですが、やはり心理的な負担になることは間違いありません。

 

カードローンを踏み倒してしまうと、あなたの個人情報に傷がつくことになります。お金を借りて、返済に何回も遅れたり、返済しなかった事実が信用情報機関に残ってしまうわけです。

 

この情報が就職や転職などに影響することはありませんが、新規にカードローンを受けることは非常に難しくなります。カードローンは計画的に利用しましょう。