カードローンの払いすぎ

カードローンには利息があります。この利息がカードローン会社の利益になるわけですが、利息を払い過ぎた時に、払いすぎという状態になります。カードローンの利息は、法律で決められています。この決められた範囲内の利息を支払っていれば、払いすぎにはなりません。

 

15%から20%というのが、法律で決められた利息です。しかし、これを超えた利息を払っている人なら、カードローンの利息の払いすぎの可能性があります。

 

2010年以前、消費者金融系のカードローンの会社では、利息制限法による利息は越えて、出資法で決められた上限の金利未満の金利を取っているところがありました。これがグレーゾーン金利と呼ばれ、カードローンの利息の取りすぎの対象になるものです。

 

この場合は、カードローンの会社に請求をすれば、払いすぎた分の利息は、帰ってくる可能性があります。請求のプロセスは一般の人には少しややこしいので、弁護士や司法書士など法律の専門家に相談した方が良いでしょう。

 

すべての人が、カードローンの利息を払いすぎているわけではありません。自分のカードローンの利息、自分の借入の総額、借入の期間などによって、払いすぎかどうか決めることができます。利子の払い方は個人によって違いがあり、微妙な問題だと言えます。

 

過払い金の払い戻しを請求したら、個人の信用情報にその記録が残ります。これは、見方によってはデメリットと言えるでしょう。新たにカードローンを申し込むときに、審査が通りにくくなる可能性があるからです。