カードローンが払えない時

カードローンは便利なものですが、使いすぎると、払えない状態に陥ってしまうこともあります。当然のことながら、ローンなので、返済があります。無理のないローンなら、毎月少しずつ返済することができますが、ローンにローンを重ねると、返済が非常に難しくなってしまいます。

 

特に複数のローン会社から融資を受けると、返済に困る状態になることが多いようです。こういった払えない状態を防ぐために、総量規制という法律も作られています。これは年収の三分の一を超える借入はできないというものです。

 

カードローンの会社のローンは、決められた日に返済するようになっています。それができない場合には、遅延損害金を払わなければなりません。その金額は、10万円未満で返済金の29.2%、10万円以上100万円未満で26.28%、100万円以上で21.9%になっています。

 

ローンの返済分が払えない時には、それなりのペナルティーが科されることが分かります。カードローンは計画的に使い、払えないという状態に陥らないようにしなければなりません。

 

しかし、失業や病気などといった理由で、カードローンの支払いが困難になる可能性もあります。その場合は、支払いの遅延を続けるよりは、法律の専門家に相談するほうが良いでしょう。

 

払えないからと言って、カードローンの踏み倒しなどを考えてはいけません。払えない場合は、その状態を改善する方法がいくつかあるので、その中で自分に合った方法を選べばよいのです。例として、おまとめローンや債務整理があります。